ブログ blog

2017年

9月

21日

aromatopia144号

aromatopia144号(9/25発行)に、「ワールドレポート:フィンランドより ハーバリスト・ヘンリエッタ・クレスさんを訪ねて」が掲載されました。

 

ヘンリエッタさんの著書「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」の翻訳を担当させていただいた縁でフィンランドを訪ね、フィンランドのハーブ療法を体験してきました。

 

フィンランドの日常生活をかいまみたり、ヘンリエッタさんのハーブ療法への思いに触れ、翻訳する上でも反映させていただきました。そんなフィンランドのハーブ紀行をまとめています。

 

ぜひ、手に取ってください。

こちらも合わせて、どうぞ(ブログ:フィンランドのハーブ紀行)!

 

2017年

9月

16日

新連載:aromatopia「するぶ植物雑話」

アロマセラピーと植物療法の専門雑誌・aromatopia(9/25発行 144号)にて、新連載「するぶ植物雑話」が始まります。

 

「するぶ」とは、私が住んでいる奄美大島の地名の古い呼び名です。豊かな自然に恵まれ、薬草の宝庫といわれる奄美大島から、身近にある植物を日々の暮らしの中にどのようにいかしてきたのか、シマ(集落)の先輩ににお話を聞き、消えつつある植物を使った知恵や記憶を描きとめていきたいと思います。

第1回は「旧暦とシマの暮らし」と題してお届けします。

 

2017年

9月

09日

10/8 「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」書籍出版記念セミナー:北欧の植物療法とハーブ紀行

翻訳に携わった「フィンランド発・ヘンリッタの実践ハーブ療法」の出版を記念して、店頭セミナーを開きます。

フィンランドでのハーブ紀行や植物療法について、また、書籍のよみどころなどをご紹介させていただきます。フィンランドで撮影してきた写真を見ていただいたり、書籍で紹介しているハーブ製剤を体験していただきます。

ハーブ療法の基礎知識は必要ありません。フィンランドに興味をお持ちの方もぜひ、お立ち寄りください。
日時:2017年10月8日(日)14ー15時
 場所:グリーンフラスコ自由が丘店 
 〒158-0083東京都世田谷区奥沢5-41-12 ソフィアビル1F
 ✳︎詳細はこちら 
お申し込み・お問い合わせはグリーンフラスコ自由が丘直営店まで
TEL 03-5483-7565  
FAX 03-5483-7566
yoyakushop@greenflask.com
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

★書籍の販売も致します(9/25発売・3,250円+税)

2017年

9月

02日

9/25発売 book「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」

お知らせです。こちらのブログで度々ご紹介したHenriette Kressさんの著書「PRACTICAL HERBS」が、「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)として、9月25日発売になります。僭越ながら、翻訳を担当させていただいています。

フィンランド、ヘルシンキ在住のハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんが、収穫した庭のハーブや野草を利用したハーブ製剤の作り方、使い方のヒントを解説しています。
ハーブ療法に興味のある方、ガーデニングや畑仕事のお好きな方、フィンランドに興味をお持ちの方などなど、ぜひ手に取ってみてください。

*ヘンリエッタさんのFacebookページ「Henriette’s Herbal」

2017年

8月

16日

9/17 ヨガマットクリーナー作り ワークショップ


ハタヨガのインストラクター、マキさんとヨガマットクリーナー作りのワークショップを開くことになりました。奄美大島に引っ越して以来、オン&長いオフを繰り返してはいますが…マキさんのクラスて気持ちいい汗を流しています。
*マキさんのブログ:ヨガのある生活

クラスの中で紹介されるまで存在を知りませんでしたが、ヨガマットクリーナーとは、ヨガマットのお手入れ用としての抗菌、消臭などの目的に加えて、ヨガや瞑想に向いている香りを付加したスプレーのことです。商品としてはウェットティッシュのような拭き取りタイプのものもあるそうですが、今回はスプレーを作成します。
精油は、マキさんに選んでいただいた香りも含め6種類の中から、数種を使ってお一人お一人の香りに仕上げていただきます。

日時:2017年9月17日(日) 午後2:00~3:00 *定員になりました。

場所: 郡山眼科医院2階 (奄美市名瀬幸町17-3)

参加費:¥1,500 (材料費込み) 
*要予約

お問い合わせ:
0997-53-5258 又は yinyanghatha@gmail.com

2017年

9月

21日

aromatopia144号

aromatopia144号(9/25発行)に、「ワールドレポート:フィンランドより ハーバリスト・ヘンリエッタ・クレスさんを訪ねて」が掲載されました。

 

ヘンリエッタさんの著書「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」の翻訳を担当させていただいた縁でフィンランドを訪ね、フィンランドのハーブ療法を体験してきました。

 

フィンランドの日常生活をかいまみたり、ヘンリエッタさんのハーブ療法への思いに触れ、翻訳する上でも反映させていただきました。そんなフィンランドのハーブ紀行をまとめています。

 

ぜひ、手に取ってください。

こちらも合わせて、どうぞ(ブログ:フィンランドのハーブ紀行)!

 

2017年

9月

16日

新連載:aromatopia「するぶ植物雑話」

アロマセラピーと植物療法の専門雑誌・aromatopia(9/25発行 144号)にて、新連載「するぶ植物雑話」が始まります。

 

「するぶ」とは、私が住んでいる奄美大島の地名の古い呼び名です。豊かな自然に恵まれ、薬草の宝庫といわれる奄美大島から、身近にある植物を日々の暮らしの中にどのようにいかしてきたのか、シマ(集落)の先輩ににお話を聞き、消えつつある植物を使った知恵や記憶を描きとめていきたいと思います。

第1回は「旧暦とシマの暮らし」と題してお届けします。

 

2017年

9月

09日

10/8 「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」書籍出版記念セミナー:北欧の植物療法とハーブ紀行

翻訳に携わった「フィンランド発・ヘンリッタの実践ハーブ療法」の出版を記念して、店頭セミナーを開きます。

フィンランドでのハーブ紀行や植物療法について、また、書籍のよみどころなどをご紹介させていただきます。フィンランドで撮影してきた写真を見ていただいたり、書籍で紹介しているハーブ製剤を体験していただきます。

ハーブ療法の基礎知識は必要ありません。フィンランドに興味をお持ちの方もぜひ、お立ち寄りください。
日時:2017年10月8日(日)14ー15時
 場所:グリーンフラスコ自由が丘店 
 〒158-0083東京都世田谷区奥沢5-41-12 ソフィアビル1F
 ✳︎詳細はこちら 
お申し込み・お問い合わせはグリーンフラスコ自由が丘直営店まで
TEL 03-5483-7565  
FAX 03-5483-7566
yoyakushop@greenflask.com
営業時間 11:00~20:00(水曜定休)

★書籍の販売も致します(9/25発売・3,250円+税)

2017年

9月

02日

9/25発売 book「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」

お知らせです。こちらのブログで度々ご紹介したHenriette Kressさんの著書「PRACTICAL HERBS」が、「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)として、9月25日発売になります。僭越ながら、翻訳を担当させていただいています。

フィンランド、ヘルシンキ在住のハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんが、収穫した庭のハーブや野草を利用したハーブ製剤の作り方、使い方のヒントを解説しています。
ハーブ療法に興味のある方、ガーデニングや畑仕事のお好きな方、フィンランドに興味をお持ちの方などなど、ぜひ手に取ってみてください。

*ヘンリエッタさんのFacebookページ「Henriette’s Herbal」

2017年

8月

16日

9/17 ヨガマットクリーナー作り ワークショップ


ハタヨガのインストラクター、マキさんとヨガマットクリーナー作りのワークショップを開くことになりました。奄美大島に引っ越して以来、オン&長いオフを繰り返してはいますが…マキさんのクラスて気持ちいい汗を流しています。
*マキさんのブログ:ヨガのある生活

クラスの中で紹介されるまで存在を知りませんでしたが、ヨガマットクリーナーとは、ヨガマットのお手入れ用としての抗菌、消臭などの目的に加えて、ヨガや瞑想に向いている香りを付加したスプレーのことです。商品としてはウェットティッシュのような拭き取りタイプのものもあるそうですが、今回はスプレーを作成します。
精油は、マキさんに選んでいただいた香りも含め6種類の中から、数種を使ってお一人お一人の香りに仕上げていただきます。

日時:2017年9月17日(日) 午後2:00~3:00 *定員になりました。

場所: 郡山眼科医院2階 (奄美市名瀬幸町17-3)

参加費:¥1,500 (材料費込み) 
*要予約

お問い合わせ:
0997-53-5258 又は yinyanghatha@gmail.com

2017年

8月

05日

台風による営業停止のお知らせ

皆さんからご心配いただいていますが、奄美大島では台風5号の影響で営業を停止しています。只今、大雨による避難勧告が出ている状況です。また、1人は東京に足止め中です。お問い合わせ、ご注文いただいた皆さまへの対応が遅れて申し訳ありません。個別にメッセージいたしますので、暫しお待ちください。
メッセージや様々なお心遣いをいただき、ありがとうございました。

2017年

7月

19日

連載:続・ハーブよもやまばなし 第6回 日本「薬局における継続的な植物療法の提供

 薬学生・薬剤師向けに発行されている情報誌MILにて「続・ハーブよもやまばなし」と題して、ハーブ療法の可能性を模索しています。

前回(71号)から、国内外でハーブ療法に携わっている薬剤師にお話を伺っています。今回は、日本から。
薬学部在学中から、一緒にハーブ療法とアロマセラピーの研究をしていた友人から話を聞きました。今でこそ、ハーブ、アロマについて薬局で、薬剤師から聞く機会が増えましたが、実際に薬局において継続してサービスを提供していくと見えてくるものはどんなことなのでしょう。植物療法を提供する薬局に勤めて20年弱、今までのキャリアや日頃の業務、また薬局のコンセプトについて伺いました。

*オンラインでの無料閲覧はこちらから

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

2017年

7月

09日

9/26 ②herbs’haven in 横浜 英国ハーブ療法カウンセリング

トトラボ・herbs’haven共催 
英国ハーブ療法カウンセリングのご案内

いつもは奄美大島で行っている英国ハーブ療法カウンセリングを1日限り、横浜市日吉で開催します。なかなか奄美大島まで足を運んでいただくことができない横浜近郊にお住まいの方は、この機会をぜひご利用ください。
*同日午前中は、同会場にて、トトラボ主催セミナー「フィンランドの植物療法 ヘルシンキのハーバリスト、ヘンリエッタさんを訪ねて」を開催させていただきます。

体調や体質にあわせて、からだと心に働きかける植物療法を実践しています。英国ハーブ療法カウンセリングでは、初回には約1時間かけてじっくりカウンセリングを行います。体のバランスを見極めるために、現在の不調と併せて、体質、過去の体調、食事や運動のパターンなどについても伺います。そして、カウンセリングに基づきオーダーメイドのハーブティーをブレンドしたり、ハーブを利用したヘルスケアを提案しています。

遠方から継続してご利用のお客様には、2回目以降、お電話やSkypeなどで対応させていただいていますが、初回のみは対面でのカウンセリングをお願いしています。

無農薬栽培されたハーブ(英国から輸入品及び奄美大島で栽培したハーブ)を使用します。からだへの負担がなく、安心してご使用いただけます。

*英国ハーブ療法カウンセリングは、治療行為を目的としたものではありません。
*現在、 医師による治療を受けている方(医薬品を摂取している方)には、主治医の承諾を得てからハーブ製剤をお勧めする場合があります。

料金: 初回(約1時間)6000円
2回目以降(約30分)4500円

*上記料金には、約3週間分のハーブレメディが含まれています。
*2回目以降は、電話やSkypeを使って継続して利用していただくこともできます。
*乳幼児、学童、学生への割引がありますので、お問い合わせください。

営業時間:午後2時から午後19時30分(最終受付午後18時30分)
*初回カウンセリングには約1時間を要します。2回目以降は30分でご予約いただいています(要予約)。
*キャンセルは24時間前までに知らせてください。24時間以内のキャンセルには、3.000円のキャンセル料をいただきます。

場所:『トトラボ ヴィヴォの家』
〒223-0062 神奈川県横浜市港北区日吉本町3-3-8 
*東急東横線/横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅徒歩10分
http://www.totolab.com/2013/09/post-c5a8.html

お問い合わせ、ご予約は
080-1269-2879 又は herbshaven@gmail.com

2017年

7月

08日

9/26 ①10:30−12:30 ハーブセミナー「フィンランドの植物療法 〜 ヘルシンキのハーバリスト、ヘンリエッタさんを訪ねて 〜」@トトラボ(横浜・日吉)

翻訳でかかわらせていただいたフィンランド、ヘルシンキ在住のハーバリスト・ヘンリエッタ・クレスさんの著書「PRACTICAL HERBS」が、「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」(フレグランスジャーナル社)として2017年9月に出版されることになりました。
出版を記念して、横浜・日吉にあるトトラボ植物療法の学校にて、フィンランドの植物療法をご紹介するセミナーを開催します。書籍の特徴やヘンリエッタさんの活動、またヘンリエッタさんを訪ねたフィンランド旅行の様子を合わせてお話する予定です。
*Tumblr「フィンランドのハーブ紀行」にて、フィンランド旅行の回顧録を書いています。併せてごらんください。
*当日「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」の書籍販売をいたします。
*また、同日午後14時より、英国ハーブ療法カウンセリングを合わせて開催いたします(要予約

日時:2017年9月26日(火)10:30−12:30 *定員になりました。只今、キャンセル待ちです。
講師:石丸沙織(英国メディカルハーバリスト、薬剤師)
会場:トトラボ植物療法の学校 ヴィヴォの家(最寄駅:東横線日吉駅 徒歩10分)
定員:12名 *最小遂行人数に達しない場合は開講しないことがあります。
お申し込み先:email:school@totolab.com または fax044-856-4278
*お名前、お電話番号、ご住所を明記してください。
受講料:5,000円(税込)

 

*セミナーの詳細は、トトラボ植物療法の学校のウェブサイトをご覧ください→

2017年

6月

23日

8/3 herbshaven in 東京 英国ハーブ療法カウンセリング

英国ハーブ療法カウンセリングのご案内
春にご好評いただいた英国ハーブ療法カウンセリングを1日限りですが、再び東京・飯田橋で開催します。
なかなか奄美大島まで足を運んでいただくことができない東京近郊にお住まいの方は、この機会をぜひご利用ください。
 
体調や体質にあわせて、からだと心に働きかける植物療法を実践しています。
英国ハーブ療法カウンセリングでは、初回には約1時間かけてじっくりカウンセリングを行います。
体のバランスを見極めるために、現在の不調と併せて、体質、過去の体調、食事や運動のパターンなどについても伺います。そして、カウンセリングに基づきオーダーメイドのハーブティーをブレンドしたり、ハーブを利用したヘルスケアを提案しています。
遠方から継続してご利用のお客様には、2回目以降、お電話やSkypeなどで対応させていただいていますが、初回のみは対面でのカウンセリングをお願いしています。
 
無農薬栽培されたハーブ(英国から輸入品及び奄美大島で栽培したハーブ)を使用します。からだへの負担が少なく、安心してご使用いただけます。
 
*英国ハーブ療法カウンセリングは、治療行為を目的としたものではありません。
*現在、 医師による治療を受けている方(医薬品を摂取している方)には、主治医の承諾を得てからハーブレメディをお勧めする場合があります。

 

料金: 初回(約1時間)6000円
2回目以降(約30分)4500円

*上記料金には、約3週間分のハーブレメディが含まれています。*2回目以降は、Skypeや電話を使って継続して利用していただくことができます。*乳幼児、学童、学生への割引がありますので、お問い合わせください。

 
日程:2017年8月3日(水)
営業時間:午前11時から午後9時(最終受付午後8時)

*初回カウンセリングには約1時間を要します。2回目以降は30分で予約してください(要予約)

*キャンセルは24時間前までに知らせてください。24時間以内のキャンセルには、3.000円のキャンセル料をいただきます。
場所:『アロマプラス』*東京メトロ線飯田橋駅B5出口より徒歩1分*JR線飯田橋駅東口より徒歩1分
お問い合わせ、ご予約はこちら 又は 080-1269-2879

2017年

6月

16日

「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」プロジェクト

日頃から、身近に育つ薬草を活用してハーブ療法を実践していきたいという思いがあります。英国でハーブ医学を学んで帰国した時から、日本に自生している薬草でなく、なぜ西洋ハーブを扱っていくのかということを自問しています。

 

西洋ハーブに関しては、薬草としての系統立てた知識と科学的なエビデンスが集積されていて、民間療法とは一線を画したハーバリストという専門家が行うハーブ療法における臨床データがあります。それを学ぶために渡英し、臨床の場と、英国の風土や歴史の中でハーブ療法がどのように活用されてきたのかを見てきました。

 

そして、知識を身につけ経験を積んだ西洋ハーブの中でも、日本で野草として採取できるか、栽培できるものを中心に扱っていくという方向性を見出しました。それによって、英国で学んだ経験を生かしつつ身土不二の実践に近づいていけるのではないかと考えています。

 

それを実現するためにも、香港留学中にはハーブガーデンでボランティアを重ね、その後、自然の豊かな奄美大島に移住することになりました。この土地は香港と同じ亜熱帯気候ですが、気温や湿度などが違うため同じハーブが同じように育つわけではなく、試行錯誤を重ねて、奄美大島にあったタイミングで栽培できるようになってきました。収穫したての新鮮なハーブは香りも味もよく、効き目もよいようです。

 

ただ農家ではないので、すべてのハーブの供給を賄うには至っていません。我が家のハーブストックを十分に補給してくれる量にすぎません。例えば、ディル2本から片手に収まるほどのガラス瓶いっぱいのディルシードを収穫しました。次の収穫期までに、ピクルスに漬け込んだり、チーズと一緒に食べたり、ハーブティーにブレンドするには十分な量です。

 

また、ガーデニングや畑仕事をされている方、ベランダなどでハーブを栽培している方には

ハーブ苗を販売し、ご自身に必要なハーブや興味のあるハーブを育てて活用していただいています。そして「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」セミナーにて、栽培したハーブの活用法を学ぶ講座も行っています。

 

ハーブは天然資源なので、無限に作り出せるわけではありません。世界の薬用・芳香植物の乱獲は進み絶滅の危機に追いやられている種もあります。(「report:野生薬用植物のサステイナビリティを考える」2009年7月7日投稿 参照)かつて医薬品が開発、製造されるようになる以前は、ハーブ療法(日本では漢方)が一般的でしたが、時代が変わり、消費する一方では資源が枯渇する可能性が出るようになってきています。

 

herbshavenのFacebookページでは、季節のハーブをご紹介するガーデン日誌をつけています。その中で2017年春から、ガーデンハーブで作る「緑の薬箱 our green medicine chest」というアルバムを作り、奄美大島で実際に栽培しているハーブとハーブ療法での活用法を簡単にまとめて発信しています。現在の庭は昨年8月頃から手を入れて、約10ヶ月経ったものですが、約30種ほどのハーブが育っています。小さな畑にはさらに15種類ほど植えられています。

 

庭で育てられるハーブで、ひとりひとりの「緑の薬箱」を作ることができます。そして、そのハーブを日頃に健康管理に生かしていただけたら幸いです。

2017年

6月

11日

2017年6月開講「夏のハーブ教室 虫除けスプレー&虫さされジェル作り」

暑い日差しと虫さされが気になる季節がやってきました。子どもでも使えるディートフリーの虫除けスプレーが作りたいというリクエストをいただいて、夏のハーブ教室を開催します。

 

日程はフレキシブルなので、ご都合に合わせてお申し込みください。

 

おすすめのポイントは、

1)庭で観察しながら、忌避作用(蚊などの虫を遠ざける作用)のあるハーブを学べます。

2)忌避作用のある精油や市販の虫除けで頻用されている精油の中からお好きなものを選んで作成できます。
3)ローズなどの芳香蒸留水を使用して、日焼けした肌にも優しい仕上がりになります。

4)お子さんと参加していただけます。小学生以上のお子さんでしたら、簡単に作成できます。就学前のお子さんは大人の方と一緒に作ってください。

*お問い合わせはこちら

2017年

5月

10日

5/25herbs’haven in 東京 英国ハーブ療法カウンセリング

英国ハーブ療法カウンセリングのご案内

いつもは奄美大島で行っている英国ハーブ療法カウンセリングを1日限りですが、東京・飯田橋で開催します。なかなか奄美大島まで足を運んでいただくことができない東京近郊にお住まいの方は、この機会をぜひご利用ください。

体調や体質にあわせて、からだと心に働きかける植物療法を実践しています。英国ハーブ療法カウンセリングでは、初回には約1時間かけてじっくりカウンセリングを行います。体のバランスを見極めるために、現在の不調と併せて、体質、過去の体調、食事や運動のパターンなどについても伺います。そして、カウンセリングに基づきオーダーメイドのハーブティーをブレンドしたり、ハーブを利用したヘルスケアを提案しています。

 

遠方から継続してご利用のお客様には、2回目以降、お電話やSkypeなどで対応させていただいていますが、初回のみは対面でのカウンセリングをお願いしています。


無農薬栽培されたハーブ(英国から輸入品及び奄美大島で栽培したハーブ)を使用します。からだへの負担がなく、安心してご使用いただけます。

*英国ハーブ療法カウンセリングは、治療行為を目的としたものではありません。
*現在、 医師による治療を受けている方(医薬品を摂取している方)には、主治医の承諾を得てからハーブレメディを使用することをお勧めする場合があります。

料金: 初回(約1時間)6000円
2回目以降(約30分)4500円

*上記料金には、約3週間分のハーブレメディが含まれています。
*2回目以降は、Skypeや電話を使って継続して利用していただくことができます。
*乳幼児、学童、学生への割引がありますので、お問い合わせください。

日程:2017年5月25日(木)

営業時間:午前11時から午後9時(最終受付午後8時)
*初回カウンセリングには約1時間を要します(要予約)
*キャンセルは24時間前までに知らせてください。24時間以内のキャンセルには3.000円のキャンセル料をいただきます。

場所:『アロマプラス』
*東京メトロ線飯田橋駅B5出口より徒歩1分
*JR線飯田橋駅東口より徒歩1分

お問い合わせ、ご予約はこちら 又は 080-1269-2879

0 コメント

2017年

4月

21日

2017年春 販売中のハーブ苗

暖かくなって、庭仕事の計画を立てている方も多いのでは。
herbshavenの小さな庭では、
大きく成長した姿を想像しながら、
お花の色味を考えながら植え付けた植物が大きくなってきました。
奄美大島は亜熱帯気候のため、
植物の成長が本土よりも一足早く、
植え付けや花の時期を終えてしまっているものもありますが、
これからの植え付けにも間に合うハーブ苗の販売をしています。
ハーブ苗は、ハーブティーなどに食用することを念頭に置き、無農薬で栽培しています。
一部に、コンポスト又は自家製の馬糞完熟堆肥を使用していますが、
ほとんどのものは無肥料です。
そのため、植物は小さめですが、根がしっかり張っているので、
肥料などを入れ準備した土地やプランターに植え替えるとよく育ちます。
自分たちの庭に植え付けることを考え、
気候に慣れさせるためにもなるべく実生で育てています。
一部、挿し芽や株分けしているものも、ほとんどが親株は種で増やしたものです。
中には、マレインのように二年草の1年目のものや、
ユーカリやレモンユーカリのような木になるものが1年目の小さな植物というものもあります。
栽培状況の確認や植え付けの相談などありましたら、遠慮なくお問い合わせください。
お問い合わせ、ご注文はこちらから
下記に、2017年4月現在、発売中のハーブ苗のリストと、
5月以降に販売予定のハーブ苗のリストを載せています。
また、お問い合わせのよくあったハーブ苗の内、
2018年以降に販売予定のものも記載しましたので、参考にしてください。
また、数が少ないものや成長の具合で販売が2017年夏以降になるものなど、
リストに載せていないものもありますので、
リスト外でお求めのものがありましたら、お手数ですがお問い合わせください。


2017年4月現在、取扱中のハーブ:特に記載のないものは実生です。
アロエ(Aloe spp.):株分け
キャットニップ(Nepeta cataria)
グリークオレガノ(Origanum vulgare):株分け
コンフリー(Symphytum officinalis)
ステビア(Stevia rebaudiana)
ペパーミント(Menthe piperita):挿し芽
マレイン(Verbascum thapsus)
ヤロー(Achillea millefolium):株分け
ユーカリ(Eucalyptus globulus)
レモングラス(Cymbopogon citrates):株分け
レモンユーカリ(Corymbia citriodora)
ローズマリー(Rosmarinus officials):挿し木
ワイルドストロベリー(Fragaria vesca):株分け

2017年5月に追加したハーブ
シマトウガラシ(Capsicum frutescens
セージ(Salvia officinalis)
パッションフラワー(Passiflora incarnate)
バーベイン(Verbena officinalis)
ミルクシスル(Silybum marianum
ローゼル(Hibiscus sabdariffa
2017年6月に追加したハーブ

アイ

アニスヒソップ
ジンジャー
2017年7月以降に販売予定のハーブ
ギンコ
2018年に以降に販売予定のハーブ
エキナセア(Echinacea purpurea):2年目以降に花を咲かせるため、実生1年目の苗を販売はしていません。
クチナシ(Gardenia jasminoides):成長に時間がかかるため、実生1年目の苗の販売はしていません。
チェストツリー(Vitex agnus−custus):成長に時間がかかるため、実生1年目の苗の販売はしていません。
ホップ(Humulus lupulus):実生で雄株か雌株かわからないため、実生1年目の苗を販売していません。
ルバーブ(Rheum rhabarbarum):成長に時間がかかるため、実生1年目の苗の販売はしていません。

(2017年6月現在)
0 コメント

2017年

4月

20日

連載:続・ハーブよもやまばなし 第5回 スコットランド「薬剤師と代替補完療法」

薬学生・薬剤師向けに発行されている情報誌MILにて「続・ハーブよもやまばなし」と題して、ハーブ療法の可能性を模索しています。今回(71号)から、4回にわたって国内外でハーブ療法に携わっている薬剤師にお話を伺う予定です。初めは、英国留学時代の先輩であり、地域の薬剤師としての顔とハーバリストとしての顔を併せ持つスコットランド在住のハーバリスト・リンさんのお仕事の様子を伺いました。

*オンラインでの無料閲覧はこちらから
*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

2017年

4月

10日

新ブログ:フィンランドのハーブ紀行

春分が過ぎ、夏至に向かっていくこの季節、冬から春、そして夏へ一気に目覚める北欧の初夏を思い出します。2014年の夏至に訪ねたフィンランドについて、ハーブ紀行をまとめることにしました。

 

Tumblrにて「フィンランドのハーブ紀行

 

少し寝かせてしまっている記憶をたどりながら、初夏のフィンランドで迎えてくれたハーブ、出会った素敵な人たち、連れ帰ってきた北欧デザインのことなどを書いています。
不定期ですが、気長におつきあいください。

0 コメント

2017年

4月

01日

4/9(日)10−17 芦徳てくてくオープンガーデン・マーケット

すっかり春の陽気の今日この頃。

旧暦の3月3日に海開きも終えて、すっかり暖かくなってきました。


花も徐々に咲きそろい、庭も彩どりで賑やかになってきました。

 

来週、4/8(土)、9(日)は芦徳集落でオープンガーデンが予定されています。

この週末限定で、普段はなかなかお邪魔できない素敵なお庭を見ることができます。

 

芦徳公民館では、集落で準備されているうどんやさんと、

地元のパン屋さんやお花屋さんなどのマーケットが開かれます。

 

herbshavenは、4/9(日)のみの出店になりますが、

ハーブティーとハーブの苗、それからハーブの手ぬぐいなどの雑貨を販売する予定です。

 

今回のブレンドハーブティーは「SPRING」と「BED TIME」。

春の新緑をイメージした「SPRING」。

ローズマリーやローズヒップなどでスッキリとまとめています。


春のこぼれ日を感じながらうとうとしたときにぴったりの「BED TIME」。

ジャーマンカモミールなどフローラルな風味が特長です。

来週末は、春の日差しを浴びながら、のんびり集落散歩してみませんか。

 

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

13日

10周年プロジェクト「ハーブの手ぬぐい」

10周年プロジェクト第1弾は、ハーブの手ぬぐいの作成でした。
ハーブの手ぬぐいは、ハーブの活用のアイデアを日頃から目につくところに描いておいて、
必要な時には、気軽にハーブに手を伸ばしていただきたいという思いから出来上がりました。

まず案としてあがったのは、ポスタータイプのハーブ製剤ファーストエイド早見表。
イギリスで暮らしていた時に、市販のものを使っていたのですがとても便利でした。
何かあって、慌てている時は
ポスターの貼ってあった洗面所に駆け込んで処置を確認していました。
現在も、そのポスターを洗面所に貼り付けています。
同じようなアイデアのものを、日本で手に入りやすいものを利用して作ろうと思いました。
もう一ついいなと思っていたのが、
イギリスで使っていたハーブやスパイスの図柄を書き込んだティータオルでした。
ティータオルは、手ぬぐいよりも大判で、素材はリネンでできています。
ティーコージーの代わりにティーポットが冷めないように包んだり、
ランチョンマットのようにテーブルに敷いてつかったり、
食器を拭いたり、主にキッチンで活躍します。
そこに簡単なハーブやスパイスの図案と共に用途が配されていて、
日常でのハーブ活用のヒントが散りばめられていました。
周りの声を聞いたり、イラストレーターに相談したりして、
また、便利で実用的なものを検討し、最終的に素材が手ぬぐいに決まりました。
herbs’havenで作ったハーブの手ぬぐいは、
ティータオルに比べたらサイズは小さめ、素材はコットンです。
生地は目が細かくて、手触りも柔らかい岡生地を使用しています。
ティータオルをイメージしていますので、ぜひキッチン周りで使ってください。
食器拭きの代わりに。
布巾として、カバーとして食器などにかけて使ったり。
もちろん、ハンカチのように折りたたんで持ち歩いていただくこともできます。
8種類のハーブを描いているので、畳み方のよって違った絵柄が出てきます。
まずは、カレンデュラ。
花が描かれたローズヒップ(ワイルドローズ)。
ヒソップとローズヒップの実に、herbs’havenの番犬たち。
他にも、スイートフェンネル、
ペパーミント、
ヤロー、
レモンバーム、
ジャーマンカモミールが描かれています。
日常的に、ハーブティーとして利用しやすいハーブ8種を選びました。
どんな時に何をブレンドすればよいかがわかるように、簡単なキーワードで添えています。
今回のイラストを担当してくれたのは、イラストレーターの小野寺光子さん
以前暮らしていた香港が縁で、今回の依頼をしました。
ブログやインスタグラムで発信されている感性や色彩に憧れていて、
ハーブのティータオルを作るならぜひ小野寺さんにと決めていました。
ガイドブックの正確な情報とその緻密な下調べも定評があり、
今回も各ハーブの植物画と写真を元に、描いていただきました。
出来上がったイラストのハーブは、実寸でなく、
例えば、同じ季節につくことのない花と実をつけていただいたりアレンジしてもらっています。
ハーブに興味を持ち始めた初心者の方、
いつも飲んでいるハーブティーにひと味加えたいと思っていた方、
お庭やプランターで育ったハーブをどうにか使えないかと悩んでいる方、
この図案が気に入った!色が気に入った!という方などなどに、
ぜひ使っていただきたいです。
ご自宅用にも、贈り物にもご利用下さい。
こちらの手ぬぐいは、2色。
図案が細かく描かれているので、注染ではなく、プリントです。日本製。
どちらの色も1枚1,500円(税込)で販売しています(2017年9月価格改定)。
また、販売時は折りたたんで、ビニールの袋に入っています。折じわがありますがご了承ください。
*奄美大島内のイベントでも、販売を予定しています。
0 コメント

2017年

3月

13日

herbs'haven10周年

日頃から、herbs’ havenをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

2007年、herbal healingとして始まったメディカルハーバリストとしての活動が、お陰さまで10年目の節目を迎えました。

 

これも皆様の温かいご支援とご指導のおかげと心から感謝しています。

 

2010年より、奄美大島の地に根を下ろして、herbs’ havenとしてハーブ療法のコンサルテーションに加え、ハーブの栽培、セミナー、執筆活動等を続けています。

 

今後とも、健康の維持増進を目標にハーバルヘルスケアを提案し、自然との共存を心がけて歩んで参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

10周年を記念して、2017年は3つのプロジェクトを進めています。そちらもお楽しみに。

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

2017年4月開講「子どもと楽しむハーブ療法」

2017年4月から新講座を開講する「子供と楽しむハーブ療法」のご案内です。
こちらの講座は、小さいお子さんをお持ちの方でも気軽に参加していただけるように
フレキシブルな設定にしています。
*全5回のクラスをご用意しましたが、興味があるもののみを選ぶことができます。もちろん、1回のみの参加も可能です。
*日程は、平日の午前又は午後、土曜日午後より選んでいただけます。毎回、同じ曜日と時間でなくても大丈夫です。
*最小催行人数を1人にしましたので、小さいお子さんが一緒でも気軽に参加していただくことができます。お友達で誘い合わせていただいて、数組集まるのも楽しいと思います。
0 コメント

2017年

3月

05日

2017年5月開講 龍郷町公民館講座「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」

2017年5月開講の平成29年度龍郷町公民館講座のご案内です。

ハーブ講座「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」(全10回)

1年を通して、奄美大島で栽培できるハーブをどのように活用できるのかを学んでいただく講座です。
お庭やプランターで育てたハーブを日頃の体調管理に利用してみませんか。

参加条件がありますので、ご確認ください。申し込み方法は、4月1日頃、各家庭に配布される公民館講座案内(申込書付き)を参照してください。
 

0 コメント

2017年

2月

13日

3/13(月) 11:30−16 瀬留ボタニカルマーケット in 奄美

冬の寒さが緩み、春のお庭の計画を立てていらっしゃる方も多のではないでしょうか。お庭に彩りを加えるハーブやベランダでも簡単に育てられるキッチンハーブの苗はいかがですか?

 

3/13(月)11:30〜16まで、瀬留ボタニカルマーケットにて、ハーブティーとハーブ苗の販売、ハーブバスソルト作りワークショップを開催します。

 

 

会場となるのは、和風茶屋こっち。店内に季節の花が配された落ち着いた空間と、丁寧に作られたお食事が美味しい古民家カフェです。当日は、自家製烏骨鶏卵をつかったシフォンケーキやチーズケーキなどとドリンクのテイクアウトができます。

 

そして、今回ご一緒させていただくSucculentholicさんとgarden gardenさんは多肉植物の専門家。ガーデニング雑貨の販売も楽しみです。

 

herbshavenは、裏を流れる川を眺められるテラスで、ハーブ苗の販売させていただきます。春のガーデニングプランにぜひ加えてください。今回は、お庭の彩りを添えてくれるマレインや、可愛らしいキャットニップ、香りのよいレモンユーカリなどなどを販売予定です。

 

ハーブバスソルト作りのワークショップは、随時開催です。選んでいただいたお好みのハーブと死海の塩をつかって、15分ほどで簡単に仕上げることができます。

 

ぜひ、お立ち寄りください。

0 コメント

2017年

2月

04日

ハーブティー:お花見ブレンド「WINTER」「GREEN」

明日は大勝桜祭り。
第1部(13から17時まで)のマルシェに出店いたします。
お花見のお供になるハーブティーのブレンドを2種をご用意しています。。
ひとつ目は、温まるブレンド「WINTER」。
お花見は、まだ寒さが残る中そぞろ歩くことになるので、ポカポカ温まるものがオススメです。
前回のクリスマス前のマルシェでも販売しました「WINTER」ブレンドは、
ジャーマンカモミールをベースにベリーとリコリスの甘味が加わった飲みやすいブレンドです。
ジャーマンカモミール:定番ですが、体をボカボカ温めて、リラックスするにはオススメです。甘い香りも人気です。
エキナセア:冬には、寒さに負けない体作りに欠かせません。
セージ:うがいにも使われる喉に優しいハーブです。
エルダーフラワー&ベリー:体を温め、喉や鼻の粘膜を守ってくれます。
リコリス:喉の調子がおかしいかなと思ったら、ヨーロッパではリコリスキャンディーが食べられます。ハーブティーに甘味を加えてくれます。
ローズヒップ:ビタミンCを含んでいて、まろやかな酸味が特徴的です。
ふたつ目は、お花見のおやつのお供に「GREEN」ブレンド。
やっぱり花より団子という方に、洋菓子だけでなく、和菓子にもよく合います。
お食事にも合うようにさっぱりした風味に仕上げました。
はじめはネトルの日本茶のようなグリーンな味わいが強く、徐々にローズマリーやミントの風味が加わってきます。
ネトル:ビタミンやミネラルをたくさん含んでいて、滋養強壮を促してくれます。
ローズマリー:スッキリとした風味で気分をシャキッとさせてくれます。
ペパーミント:食後にぴったりなおなじみのすっきりハーブです。
リンデン:ほのかな甘い花の香りで癒してくれます。
レモングラス:さっぱりとしたレモンの風味が香ります。
カップ入りのホットハーブティー(1杯300円)と、パッケージ入りのお持ち帰り用(30g800円)をご用意しています。
カップ入りは前回と同様、1カップに約4gのたっぷりハーブが入っています。
2杯目を楽しみたい方には、おかわりのさし湯をしますので、リクエストしてください。
パッケージ入りのハーブティーは、ティーポットや急須、蓋のついたティーカップなどで、
熱湯を注いて紅茶などと同じように入れて召し上がってください。
桜が咲きそろってきていて、明日が楽しみです。
皆様、ぜひお立ち寄りください。
0 コメント

2017年

1月

22日

2/5(日)大勝さくらまつり

奄美大島では、緋寒桜が咲いています。
ソメイヨシノに比べると花の色がつよく、ボッタリした印象ですが、
沿道に咲きそろうと独特の風情があります。
街中の桜の下をそぞろ歩くのもよし、
ピンク色に染まった山を眺めるのもよし、
山に広がる桜のトンネルをドライブで駆け抜けるのもよし。
昼の顔も、夜の顔も楽しみがあります。
そして、この時期、緋寒桜を楽しもうと島のあちこちでイベントが催されます。
その中で、龍郷町大勝集落で開かれる大勝桜祭のマルシェに参加することになりました。
今回もハーブティーのホットドリンクとパッケージ入りのものを販売をいたします。
お祭りでは、午後13:00からマルシェやフリマ、ワークショップ、夕方18時からはステージイベントも予定されています。
ぜひ、お立ち寄りください。
0 コメント

2017年

1月

20日

連載:続・ハーブよもやまばなし 第4回 ハワイ「離島のハーバリスト」

薬学生・薬剤師向けに発信されている情報誌MIL(ミル)に、「続・ハーブよもやまばなし」と題して、ハーブ療法、伝統植物療法と呼ばれている分野の国内外の伝統文化や日常生活での関わり方、教育制度、法規制などを比較、検証し、日本におけるハーブ療法の可能性について連載させていただいています。
MIL70号(2017年1月発行)の第4回「ハワイ;離島のハーバリスト」では、ハワイ、カウアイ島にメディカルハーバリスト、Anusha Smithさんを訪ねてうかがった離島(僻地)でのハーブ療法の実践について書きました。
Anushaさんは以前、カナダ、モントリオールで開業されていました。
モントリーオールのクリニックを訪問した時のレポートはMIL36号で紹介しています。
*70号の無料閲覧はこちら
*以前の連載「ハーブよもやまばなし」はこちらから
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。
0 コメント

2016年

12月

10日

ハーブティー:クリスマスブレンド「WINTER」「NOEL」

12/17(土)11:00-16:00に龍郷町、大勝集落(奄美大島)にて開催されるFrasco de Marcheに出店いたします。
ハーブティー2種類の販売を予定しています。
その場で楽しんでいただけるお持ち帰り用ホットティーと、ギフトにもなるパッケージ入りをご用意しています。
まず、ひとつめは「WINTERブレンド」。
12月に入ると、さすがに気温も20度を切り、寒さが厳しい日もちらほら。
クリスマス、年末年始のイベントを楽しく過ごせるように、風邪などで体調を崩さず冬を乗り越えられるようにという思いを込めてブレンドしました。ジャーマンカモミールをベースにベリーとリコリスの甘味が加わった飲みやすいブレンドです。
ジャーマンカモミール:定番ですが、体をボカボカ温めて、リラックスするにはオススメです。甘い香りも人気です。
エキナセア:免疫力を上げてくれ、寒さに負けない体作りに欠かせません。
セージ:うがいにも使われる抗菌効果が期待できるハーブです。
エルダーフラワー&ベリー:体を温め、喉や鼻の粘膜を守ってくれます。
リコリス:喉の調子がおかしいかなと思ったら、ヨーロッパではリコリスキャンディーが食べられます。ハーブティーに甘味を加えてくれます。
ローズヒップ:まろやかな酸味が特徴的です。ビタミンCの補給に適しています。
2つめのブレンドは「NOEL」。
クリスマスのご馳走と合わせて楽しんでいただくイメージで、ハイビスカスの赤を使って仕上げたブレンドです。
食欲を刺激してくれるスッキリとしたレモンの風味に、ご馳走の後の消化を促してくれるハーブも合わせました。スッキリした風味に仕上がっています。
レモンピール:この季節に奄美大島で出回り始めるレモンを使って、自家製レモンピールを作りました。
ハニーブッシュ:今回のブレンドの甘い風味の正体です。
スカルキャップ:ほのかな甘味をもち、ゆったりと気分にさせてくれます。
ペパーミント:こころゆくまで美味しいものを楽しんだ後にはうれしい、スッキリとした飲みごごちを加えています。
ヒソップ:咳や悪寒がするときによく使われるハーブですが、実は消化不良を改善してくれる優れものでもあります。
ローゼル:スッキリとした酸味と、ハーブティーの赤みを演出してくれています。
カルダモン:モルドワインに加えるマイルドハーブから選んだもの。
会場となるKOSHIRAERUさんでは、ワークショップをされる他、金井工芸、お食事どころでFiore、雨の日パンなどの出店も予定されています。ぜひ、お立ち寄りください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
0 コメント

2016年

12月

06日

11/17(土) 11:00-16:00 Frasco de Marche in 奄美

12/17(土)11:00〜16:00 Frasco de Malche(奄美大島)にて、ハーブティーの販売をさせていただきます。大勝集落内3店舗で開催されますが、そのうち、島で手に入る天然木や流木を使った雑貨などを作っているKoshiraeruさんにてブースを設けさせていただきます。
ホットドリンクの販売の他、パッケージ入りのものを用意していますので、ご自宅でのティータイムやクリスマスギフトにもどうぞ!
ハーブティーのブレンドは2種類ご用意しています。
*NOEL
マイルドスパイスを加えたクリスマスブレンドです。島でいま旬なあのハーブを加えて、さっぱりした風味に仕上げました。
*WINTER
寒い冬を暖かく元気に過ごすたのブレンドです。カモミールをベースにしたフローラルな風味です。
*イベントの詳細は、Frascoさんのリンクをご覧ください。
0 コメント

2016年

11月

30日

12/10(土)WS「スパイスで遊ぼう!」

奄美も少しずつ寒さを感じるようになり、クリスマスが近づいてきました。シナモンやクローブ、ジンジャーなどのスパイスを使って暖かく冬を過ごす準備をしましょう。今回も、お子さんと一緒に楽しめるように「作ってみる!使ってみる!」をテーマに行います。

前半は、スパイスドリンクについて。よく使われるマイルドスパイスと、スパイスを使ったあったかドリンクやクリスマスのモルドワインのレシピを紹介して、実際に作って試飲してみます。後半は、クリスマスの飾り作りです。クローブをつかったポマンダーやスパイスや松ぼっくり、柊の葉などを使ってクリスマスのキャンドルホルダーを作ります。
皆さんのご参加お待ちしています。

日時:2016年12月10日(土)10:30−12:00

参加費:大人1人につき、1回3,000円 (ハーブティー、材料代込み/別途、ワークショップに参加されるお子さん一人につき、材料代1,000円追加)
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。1回のみの参加も歓迎です。お気軽にいらして下さい。
*大人の方のみの参加も歓迎です。お子さんには必ず大人の同伴をお願いします。
*赤ちゃんや小さなお子さんを連れての参加も歓迎です。

場所:南の島の助産院 〒894−0031 奄美市名瀬金久町4−15 リッチヒルズ朝の海 2−A

0 コメント

2016年

10月

20日

連載:続・ハーブよもやまばなし 第3回 奄美大島「薬剤師とメディカルハーバリスト」

薬学生・薬剤師向けに発行されている情報誌MIL69号にて、続・ハーブよもやまばなしと題して、ハーブ療法の可能性を模索しています。香港、フィンランドと続いて、今回は鹿児島県の離島、奄美大島です。自らの保険薬剤師とメディカルハーバリストとしての経験を載せています。イギリスで活動されていた田舎のコミュニティハーバリストを目指して感じたことや体験をまとめました。改めて、自らの課題を再認識しました、


*オンラインでの無料閲覧はこちら

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。
0 コメント

2016年

7月

20日

連載:続・ハーブよもやまばなし 第2回フィンランド「ハーバリストと伝統植物療法」

薬学生と薬剤師向けの情報誌MILでの連載も第2回。こちらの雑誌では、薬剤師の仕事の可能性や、薬学教育、薬学生の自主的な活動レポートなどが掲載されていますが、海外から発信される情報が多いのが特徴です。そこで、続・ハーブよもやまばなしでは、ハーブ療法、伝統植物療法と呼ばれている分野の国内外の伝統文化や日常生活での関わり方、教育制度、法規制などを比較、検証し、日本におけるハーブ療法の可能性を考えています。


今回は、2014年6月にヘルシンキで活躍されるハーバリスト、ヘンリエッタ・クレスさんを訪ねた時に伺ったお話を元にしています。民間レベルでハーバリストの養成が行われているフィンランドにおけるハーブ療法の現状と、日本のハーブ療法のあり方を重ねて考察しました。
*オンラインでの無料閲覧はこちらから

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちらか
世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。
0 コメント

2016年

7月

05日

2016年7,8月 夏休み企画「子供と一緒に楽しめるハーブワークショップ」

夏休みのハーブワークショップのご案内です。お子さんも一緒に楽しめるように「作ってみる!使ってみる!」をテーマに行います。


今回は7月と8月で全2回シリーズです。夏のスキンケアや体調管理に活用していただける植物療法をご紹介します。体の外からも中からもハーブを楽しんでください。
第1回 ハーブ入浴剤作り(7月)
第2回 グリセリンシロップ作り(8月)

毎回、前半ではハーブのご紹介。各回5種類のハーブを取り上げ、まずはハーブティーをじっくりテイスティングして、ハーブの特徴や体への働きを確認します。それから、ハーブの活用法を学んでいきます。それぞれのハーブの働きと、ハーブティー以外の活用の仕方などを見ていきます。後半はハーブを使ったレメディ(製剤)の作成と活用法を体験していただきます。

日時: 
第1回 2016年7月24日(日)14−15:30(途中、休憩時間あり)
ハーブ入浴剤作り

入浴剤によく合うラベンダーやローズなどを紹介し、夏の日焼け肌やあせも対策の植物療法を学びます。実習は、死海の塩とオーツ麦を使った本格的な入浴剤を作成します。手足を濡らすので、足や腕を出しやすい服装でご参加ください。

第2回 2016年8月21日(日)14−15:30(途中、休憩時間あり)
グリセリンシロップ作り
ミントやシナモン、カルダモンといったマイルドスパイスを取り上げ、胃腸のトラブルなど夏の体調管理のための植物療法を学びます。実習は、甘みのある植物性グリセリンを使ったシロップ作りです。飲むだけでなく、デザートにかけて楽しむことができます。

参加費:大人1人につき、1回3,000円 (ハーブティー、材料代込み/別途、ワークショップに参加されるお子さん一人につき、材料代500円追加)
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。1回のみの参加も歓迎です。お気軽にいらして下さい。
*大人の方のみの参加も歓迎です。お子さんには必ず大人の同伴をお願いします。
*赤ちゃんや小さなお子さんを連れての参加も歓迎です。

場所:南の島の助産院 〒894−0031 奄美市名瀬金久町4−15 リッチヒルズ朝の海 2−A

定員:大人10名(プラス子ども達) 
*要予約
*お問い合わせ・お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は 080-1269-2879(石丸) 又は、080ー2754ー7623(加藤)まで
0 コメント

2016年

5月

08日

新連載:続・ハーブよもやまばなし 第1回 香港「周産期における伝統療法」

薬学生・薬剤師向けに発行されている情報誌 MIL67号にて、新連載「ハーブよもやまばなし」が始まりました。

 

今回のテーマは、代替療法として見直されている植物療法と、現代医療と併用し活用していくにあたっての可能性や課題を検討しています。第1回目は、香港の周産期医療について考えてみました。

 

*オンラインでの無料閲覧はこちらから

 

*以前の連載「ハーブよもやまばなし」はこちらから

世界各地の植物療法を経験して、感じたことをレポートしています(ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリス)。

0 コメント

2016年

1月

26日

連載:Garden herbダンディライオン「バター炒めのタンポポオムレツ」

奄美大島の南海日日新聞での1年に渡るハーブについての連載が終了しました。亜熱帯のこの土地で栽培できるハーブを季節を追って、ご紹介しました。

 

連載をきっかけに、 様々な年代の方に親しく声をかけていただくようになり、薬局に来る患者さんからハーブの質問を受けたり、医師から勉強会に誘っていただいたり、助産院でのハーブセミナーを開くことにもなりました。この土地でも、ハーブのことが少しずつ広まっていっているようで嬉しく思っています。

 

最終回を飾ったのは、タンポポ、英語名はダンディライオン。本土ではどこでも見る雑草ですが、奄美では群生している数はぐっと少なく感じます。もう少し南に下った香港に住んでいた時には、自生していないため、わざわざ種から育てて苗を販売していました。

 

とは言っても、これからの季節みじかなハーブです。雑草として、敬遠されていますが少しは見直してもらえたでしょうか。ハーブとして用いるのは通常、葉と根ですが、花をお料理に使う方法もご紹介しました。また、シロップも美味しいので試してみてください。

0 コメント

2016年

1月

15日

2016年1-3月ワークショップ「女性のための植物療法」

0 コメント

2015年

12月

29日

連載:Garden herb ジャーマンカモミール「甘い香り 暖かみと安心感」

冬になると恋しくなるジャーマンカモミール。体がポカポカ温まります。ブレンドティーのベースとして一年中、大活躍のジャーマンカモミールですが、初夏に摘みたてが取れるときにはシンプルなフレッシュティーがオススメです。青リンゴに例えられる甘い香りが楽しめます。
カモミールの白い花がそよ風に揺れる季節が待ち遠しいです。
0 コメント

2015年

12月

01日

連載:Garden herb エキナセア「免疫力、自我意識を強化」

今年は暖かい日が続き、風邪やインフルエンザといってもピンとこないような過ごしやすい日が続いています。
しかし、調子がおかしいなと思った時に、まず手に取ってほしい冬にオススメのハーブがこちら、エキナセアです。
カプセルや錠剤などのサプリメントでも簡単に手に入りますし、奄美の気候でもよく育つためご自分で調達するのも難しくありません。乾燥させたハーブをハーブティーにしたり、喉からくる風邪にはターメリックや没薬と合わせて喉スプレーを作って手元に置いておくと良いでしょう。
0 コメント

2015年

11月

02日

連載:Gerden herb セージ「感情を解放しクリアに」

南海日日新聞の連載も第9回を迎えました。それぞれの季節で手に入りやすく、活用しやすいハーブを選んでご紹介してきました。

 

今月はセージ。以前は苦手だったセージ。ハーブを習い始めた20年ほど前は、おいしく入れるためのブレンドやタイミングがよくわからず、濃く入れすぎていたようです。

ハーブのもつ独特の香りや風味を上手く引き出すと、ハーブティーにもお庭で香りを嗅いだ時と同じような新鮮な風味が出てきます。そんな風においしくいれたセージは、マインドをクリアにしてくれます。

0 コメント

2015年

9月

29日

連載:Gerden herb ローズヒップ「ビタミンCで風邪予防」

地元の南海日日新聞にて、ハーブについて連載させていただいています。毎回、奄美の地で育てやすいハーブを取り上げて、その活用法をご紹介していますが、今回はローズヒップ。


実はお庭で育てているものはまだ実をつけたことがありませんが、近縁種のハマナスにも同様の作用があると言われています。


ビタミンCがたっぷりの赤い実を探しに、散歩に出てみませんか。

0 コメント

2015年

9月

27日

9/27 ワークショップ「ハーブソルト作り」@アロマサロンLink

朝晩に秋の風を感じるようになりました。暑くて落ちていた食欲も戻ってきたのではないでしょうか。こんな季節は野菜たっぷりのスープをよく食べていますが、スープの味わいを深めグッと美味しくしてくれるのがハーブを使ったクッキングソルトです。

市販のクッキングソルトを使っていらっしゃる方も多いと思いますが、ぜひオリジナルを手作りしてみませんか。
お魚やお肉などよく作るお料理に合わせて、
ご自分のお好きなハーブを中心に、
お庭で育てているハーブを使って
クッキングソルトを作ることができます。
塩は、奄美の海水からとれたものをご用意します。

また少し嗜好を変えて、うがい用のハーブソルトなどにアレンジしたり、ご自分のアイデアで思い思いのハーブソルトを作っていただくことができます。


日時:2015年9月27日(日)14−15時
場所:アロマサロンLink(名瀬末広町、奄美)→

参加費:2,500円(作成したクッキングソルト、ハーブティー込み)

*要予約

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。お気軽にいらして下さい。

このワークショップの会場は、名瀬アーケードのすぐそばの素敵なアロマサロン、リンクです。こちらでは精油、ハーブの販売もしています。


お問い合わせ・お申し込み:アロマサロン リンク
0997 52 1777まで

0 コメント

2015年

9月

01日

連載:Garden herb ローゼル「魅惑的な赤色 ゼリーにも」

奄美の南海日日新聞に毎月ひとつのハーブについて書かせていただいています。今月のハーブは、ローゼル。奄美では今が花盛り。

 

旧盆が過ぎ夏の暑さがすっかり秋の色にかき消された頃に、淡いピンク色の花をつけます。

 

ハーブの中でも、真っ赤な色を出すことができるのはローゼルだけ。いつもどうやって、この赤色を閉じ込め、長く楽しむかに頭を悩ませています。

0 コメント

2015年

8月

26日

2015年9月-2016年7月「ガーデンハーブでつくる緑の薬箱」@カリプソ(奄美)

3年目を迎えたカフェ カリプソでのハーブワークショップ「ガーデンハーブでつくる緑の薬箱」。


奄美大島の気候でも気軽に育てることができるハーブを用いて、自分や家族が毎日健やかに過ごせるために活用することを目標にしています。


1年目は毎月ひとつのハーブを取り上げて、ハーブティーを試飲しながら理解を深めていくというプログラムでした。


2年目はキッチンで簡単にアレンジできるハーブレメディを学ぼうというワークショップを楽しみました。


そして、3年目はもう一度聞きたいというリクエストをいただいたものを中心に、

奇数月はハーブについて、

偶数月はハーブレメディについてお届けします。


2015年9月からの日程とプログラムが決まりました。


日時:毎月第3水曜日 14−15時

2015年9月16日(水)スイートフェンネル

10月21日(水)フットバス

11月18日(水)ジンジャー

12月16日(水)クリスマスのスパイスワイン

2016年1月20日(水)ジャーマンカモミール

2月17日(水)軟膏

3月16日(水)ダンディライオン

4月20日(水)グリセリンチンキ剤

5月18日(水)レモンバーム

6月15日(水)ハンドマッサージ

7月20日(水)バーベイン

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。


場所:カリプソ(芦徳、奄美大島)

参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー込み)+ハーブレメディの材料費実費(500〜1,000円)


お申し込み、お問い合わせ:herbshaven@gmail.com 又は 問合せフォームより→⭐︎

0 コメント

2015年

8月

17日

2015年8月〜 「オーガニックハーブ ワークショップ」@Pineapple valley Inn(奄美)

herbs’havenの活動拠点となっている奄美大島は、
青い空と海がどこまでも広がり、熱帯植物で覆われた深い山並みが横たわる自然の豊かな土地です。

そんな奄美の大自然を満喫し、
リラックスしながら
ハーブワークショップを満喫していただけるプランをご用意しました。

奄美のおすすめ隠れ家B&B Pineapple valley Innに宿泊し、
出張ワークショップを体験していただけます。

プログラムは3プランご用意しています。
①ハーブ入浴剤
② クッキングハーブソルト
③グリセリンチンキ剤

各プラン1.5時間 3,000円(大人1名)を2名様以上で受け付けております。
ハーブティーを味わいながら、
ゆったりと楽しんでいただけます。
また、ワークショップで作成したレメディをお持ち帰りいただけます。

*詳細は、Pineapple Valley Innにお問い合わせください→
*その他のプログラムをご希望の場合はご相談ください→

Pineapple valley Innは、奄美大島北部龍郷エリアにあるパイナップル農家さんのファームインです。
ワークショップは、テラスに続くリビングルームエリアをお借りして行います。
木がふんだんに使われた開放感のある空間です。

朝食では美味しいパイナップルが味わえるかも。

2 コメント

2015年

8月

04日

連載:Garden herb「暑い夏 香りと色で爽快感 レモングラス」

暑い日が続きますが、今、庭で一番元気なのはレモングラスです。ありがたいくらい収穫しても収穫してもモサモサ成長しています。


ゴマよりも小さな種だった子がこんなに大きくなると、感激もひとしおです。



夏に元気に成長するには理由があって、

私たちの体が夏を乗り越えるのにぴったりなハーブなのです。

お庭で大きく育っているのを見たら、ぜひ収穫して活用してください。

 

0 コメント

2015年

7月

07日

連載:Garden herb「目にも涼しいアイスキューブ ペパーミント」

暑い夏がやってきました。

 

クーラーのかかった涼しい部屋で過ごすのもよいですが、奄美大島の木陰でペパーミントティーを楽しむのはいかがでしょう。

 

奄美大島 南海日日新聞に書かせていただいている連載で、ペパーミントについて取り上げました。

清涼感のあるハーブですが、

さらにアイスキューブに閉じ込めて涼をとってみては?

0 コメント

2015年

6月

09日

連載:Garden herb:「フレッシュな香り 心を明るく レモンバーム」

奄美大島の南海日日新聞に月に一度、ハーブについて連載させていただいています。


奄美大島の気候でも簡単に育って、活用しやすいものを中心に選んでいます。


6月はちょうど今の季節、お庭でモサモサ増えているにちがいないレモンバームを取りあげました。


からだへの働きだけでなく、五感への刺激をとおした心への働きについても書いています。


梅雨で体調を崩しがちな季節ですが、ハーブの力を借りて乗り切ってください。

0 コメント

2015年

5月

15日

連載:Garden herb「包み込むようにサポート ネロリ」

地元の南海日日新聞にて、ハーブの連載記事を書かせていただいています。


今月はネロリ。奄美大島では、たんかんを始め柑橘系植物の栽培が盛んです。お庭に果樹を植えているお宅もたくさんあるので、柑橘系の植物のお花で気軽に楽しめる浸出油の作り方を合わせてご紹介しています。

0 コメント

2015年

5月

15日

連載:Garden herb「包み込むようにサポート ネロリ」 

地元の南海日日新聞にてハーブの連載記事を書かせていただいています。


今月はネロリ。奄美大島では、たんかんを始め柑橘系植物の栽培が盛んです。お庭に果樹を植えているお宅もたくさんあるので、柑橘系の植物のお花で気軽に楽しめる浸出油の作り方を合わせてご紹介しています。

0 コメント

2015年

5月

01日

5/3 カリプソ ガーデンフェスタ in 芦徳・奄美 

 今回で3回目を迎えるカリプソガーデンフェスタ。


島外のアーチストさんも参加されます。

ドライブがてら、ぜひ足を運んでみてください!


herbshavenでは、奄美で取れたハーブのハーブティー(レモンバーム、スペアミント、レモングラ&ステビア)、オリジナルブレンドmotherハーブティー、ハーブ苗の販売を予定しています。

7 コメント

2015年

5月

01日

2015年5〜7月 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

『ガーデンハーブでつくる緑の薬箱 
ハーブレメディ』

キッチンで簡単につくれる簡単なハーブレメディの作り方と使い方を学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブレメディを取り上げて、実際のハーブレメディ作りを通して、ハーブの活用法を学んでいただきます。




日時:毎月第3水曜日
2015年5月20日(水)浸出油
    6月17日(水)フットバス
    7月15日(水)グリセリンチンキ剤
参加費:おひとり 2,000円+材料費実費(500〜1,000円)(ハーブティー、作成したハーブレメディ込み)

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳
お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は 問合せフォームより→


0 コメント

2015年

4月

14日

連載:Garden herb「スパイシーな香り、意外な甘さ スイートフェンネル」

地元南海日日新聞にハーブについて連載させていただいています。


今月はスイートフェンネルを選びました。奄美ではこの時期、葉をお料理に楽しむことができます。間引き分を丸ごとお料理に活用しています。


根元は白味噌とみりん炒めに、葉なパスタや卵料理、スーブ、魚料理となに入れても美味しいです。根っこの素揚げが美味しかったという友人からの報告もありました。


5月の連休を過ぎればぐんと成長し、すぐにお花のつく、季節になります。奄美では、ガーデンは色とりどりの賑やかな花の季節を迎えています。



0 コメント

2015年

3月

18日

新連載:南海日日新聞「Garden herb」

2015年3月から、奄美の南海日日新聞にて「Garden Herb」という連載を開始させていただきます。月1回、奄美で育てることのできるハーブを取り上げて、その楽しみ方をご紹介します。


奄美大島は薬草の宝庫と呼ばれていて、昔から生活の様々な場面で活用されてきたそうです。そんな奄美ですが、お庭で育ったハーブを気軽に活用して、心とからだのケアに役立てていただきたいという気持ちを込めて綴っています。ハーブは西洋の薬草が主ですが、取り上げるハーブは奄美の気候で育ちやすいものに絞りました。身土不二という言葉がありますが、この土地で力強く育つハーブにはここで暮らす方々の健康に役立つエネルギーが詰まっていると信じています。

奄美大島は亜熱帯気候なので、関東地方などで育つものより成長のタイミングが早く、収穫もずっと早いのです。第1回は「カレンデュラ Calendula officinalis」を取り上げましたが、奄美では2月下旬から花をつけ始めます。今はちょうど収穫どきになっています。まだ寒さも少し残るこの時期に、鮮やかな色合いで温かさを運び込んでくれる元気いっぱいなハーブです。
*記事内で学名に誤表記がありました。正しくは「Calendula officinalis」です。
0 コメント

2015年

3月

01日

3/25 ワークショップ「ハーブチンキ作り」in 奄美

ハーブチンキとは、アルコールにハーブを漬け込んで成分を引き出したレメディです。オリジナル養命酒を作るようなイメージです。体を温めたり、咳や喉の痛みを和らげたり、ハーブとスパイスを漬け込んだり、アルコールの種類を変えると食前酒として消化を助けることもできます。

今回のワークショップでは、6種類のハーブをご紹介した後、お一人お一人の目的に合わせ、健康管理に役立つハーブチンキを作成していただきます。6種類のハーブの特徴に加えて、アルコールは苦手だという方のためのアレンジや、飲むだけでなく外用で塗布する方法なども合わせてお話しさせていただきます。


ご自分やご家族の健康管理にオリジナルハーブチンキはいかがでしょうか。

*要予約
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。お気軽にいらして下さい。

このワークショップの会場は、名瀬アーケードのすぐそばにオープンしたばかりの素敵なアロマサロン リンクです。こちらでは精油、ハーブの販売もしています

参加費:2,500円(作成したハーブチンキ&ハーブティー込み)

お問い合わせ・お申し込み:アロマサロン リンク
0997 52 1777まで

0 コメント

2015年

2月

25日

1/18 ワークショップ第2回「はじめてのハーブティー」in 横浜・報告


0 コメント

2015年

2月

23日

2/22南海日日新聞

2015年2月22日(日)付の南海日日新聞にて、先日の「ハーブ入浴剤」ワークショップの様子を取り上げていただきました。

0 コメント

2015年

1月

26日

2/11 ワークショップ「ブレンドハーブティ作り」in奄美

暖かい奄美でも、大寒が過ぎ旧正月が近づくにつれ、ぎゅっと身が縮こまるような寒い日があります。

そんな日は、体をポカポカ暖めてくれるハーブティ−はいかがですか。

ハーブティーにはハーブの色や香り、風味が上手く引き出されるため、私たちは五感が刺激され、深いリラクゼーションを楽しむ事ができます。ハーブティーは、ハーブに水と火のエネルギーが注ぎ込まれ出来上がるシンプルな楽しみ方です。おいしいだけでなく、風邪の予防やひきはじめのゾクゾクした時、
暴飲暴食で胃腸の調子が悪い時、
忙しくて疲れが溜まっている時、
心配事があってよく眠れない時などなどの体調管理にも役立ちます。 

今回のワークショップでは、10種類のハーブをご紹介した後、お一人お一人の目的に合わせ、健康管理に役立つブレンドハーブティーを作成していただきます。10種類のハーブの特徴に加えて、ブレンドの仕方やハーブティーを美味しく入れるコツ、ハーブティーのアレンジの仕方などを合わせてお話しさせていただきます。
ご自分のリラックスタイムに、ご家族の健康管理にオリジナルハーブティーはいかがでしょうか。

日時:2015年2月11日(水・祝)14〜15時 
場所:アロマサロン リンク、名瀬末広町・奄美→⭐︎
参加費:2,500円(試飲用&作成したハーブティー込み)

*要予約
*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。お気軽にいらして下さい。

このワークショップの会場は、名瀬アーケードのすぐそばにオープンしたばかりの素敵なアロマサロン リンクです。こちらでは精油、ハーブの販売もしています。
お問い合わせ・お申し込み:アロマサロン リンク
0997 52 1777まで
0 コメント

2015年

1月

15日

2015年1〜4月 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱 ハーブレメディ」in奄美

 『ガーデンハーブでつくる緑の薬箱 ハーブレメディ』

キッチンで簡単につくれる簡単なハーブレメディの作り方と使い方を学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブレメディを取り上げて、実際のハーブレメディ作りを通して、ハーブの活用法を学んでいただきます。







日時:毎月第3水曜日

2015年1月21日(水)チンキ剤

   2月18日(水)ハーブ入浴剤

   3月11日(水)リニメント剤(マッサージオイル)*都合により第2水曜日

   4月15日(水)ハーブティー

参加費:おひとり 2,000円+材料費実費(500〜1,000円)(ハーブティー、作成したハーブレメディ込み)


*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。



場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳

お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は 問合せフォームより→⭐︎

0 コメント

2014年

10月

29日

11/8リサイクルバザー@青葉台教会

秋が深まり、ハーブティーでホッと温まりたい季節が到来しました。
そして、この秋のおすすめherbshavenの2014年オリジナル・ブレンドティー「mother」を、1日限定で横浜で販売することになりました。青葉台教会のリサイクルバザーで扱っていただきます。
関東では期間限定販売のみになっていますので、ぜひこの機会に手に取ってお試しいただけると嬉しいです。

青葉台教会のアクセス→

0 コメント

2014年

9月

29日

9/21ワークショップ「はじめてのハーブティー」in横浜・報告

photo by Tetsuji Kawakami
photo by Tetsuji Kawakami

先日、9/21に横浜の青葉台教会で開かれたワークショップ「はじめてのハーブティー」では、たくさんの皆様にお集りいただきまして、ありがとうございました。

会場に素敵な教会の集会室をお借りして行うのは、はじめての試みでした。教会に通っていらっしゃる方、横浜にお住まいの方、はたまた東京を縦断してお越しいただいた方もいらして、用意していただいたお菓子とハーブティーをつまみながら、楽しいひと瞬となりました。

これから、ハーブティーが恋しくなる季節です。
気軽に手に取って楽しんでください!

第2弾をという温かいお言葉もいただきました。ぜひ、また伺いたいです。


0 コメント

2014年

9月

14日

9/21ワークショップ「はじめてのハーブティー」in 横浜

ハーブティーをとおして、身近なハーブがこころと体の健康にどのように役立つのかを学びます。
ハーブティーを試飲しながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。

イギリスでのハーブ療法や奄美のハーブガーデンのお話などもしながら、お茶会をイメージしてすすめる予定です。ハーブに関する基礎知識は必要ありません。お気軽にいらして下さい。

日時:2014年9月21日(日)13:30-14:30

参加費:おひとり 500 円(ハーブティー、お菓子、サンプルハーブ込み)

場所:青葉台教会 (素敵なプロテスタント教会です)
青葉台駅 徒歩7分(田園都市線渋谷から30分)
横浜市青葉区青葉台1-15-17
アクセス→

お問い合わせ・お申し込み:herbshaven@gmail.com まで
〆切・9月19日(金・夜)まで(お茶菓子準備のため)

詳細はこちら→

0 コメント

2014年

8月

15日

9/17〜 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

 

2014年9月からのherbs'havenのハーブ療法ワークショップは、新しいプログラムになります。

今まで毎週水曜日に行われていたハーブをメインにした講座に加えて、ハーブレメディー作りをメインにした講座を始めます。

 

 

1)『ガーデンハーブでつくる緑の薬箱 ハーブ』

身近なハーブが、こころと体の健康にどのように役立つのかを学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブを取り上げて、ハーブティーの試飲をしながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。

 

日時:毎月第3日曜日

2014年9月21日(日)スイートフェンネル

    10月19日(日)エキナセア

    11月16日(日)ジャーマンカモミール

   12月 冬休み

参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー、お持ち帰りいただけるお試し用ハーブ込み)

 

 

2)『ガーデンハーブでつくる緑の薬箱 ハーブレメディ』

キッチンで簡単につくれる簡単なハーブレメディの作り方と使い方を学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブレメディを取り上げて、実際のハーブレメディ作りを通して、ハーブの活用法を学んでいただきます。

 

日時:毎月第3水曜日

2014年9月17日(水)シロップ

   10月15日(水)チンキ剤

   11月19日(水)ハーブスプレー

   12月17日(水)軟膏

参加費:おひとり 2,000円+材料費実費(500〜1,000円)(ハーブティー、作成したハーブレメディ込み)

 

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

 

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳 →

お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は 問合せフォームより→

 

0 コメント

2014年

8月

08日

aromatopia125号

aromatopia 125号に「World report フィンランドより〜フィンランドのハーブ紀行」が掲載されました。

 

2014年6月のフィンランド旅行での様子をご紹介しています。

今回は首都ヘルシンキとその郊外を巡る旅をしました。夏至が近かったので夜遅くまで自然の中で楽しむことができ、定番のサウナから、植物園巡り、ハーバリストを訪ねる日々であっという間に時間が過ぎていきました。

 

フィンランドは、もちろん現在暮らしている亜熱帯の奄美大島とは全く違った植生なのですが、その中にも共通点をみつけることができたのが印象的な旅でした。

 

ぜひ、ご覧になって下さい!

0 コメント

2014年

7月

29日

7/19 ガーデンフェスタの報告

7/19のガーデンフェスタ・夏の蚤の市に、暑い中お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

 

ハーブガーデンの方は雑草で覆い尽くされてしまいそうな勢いでしたが、少しずつ広げて、秋の収穫を楽しみにしつつ、夏も庭仕事に勤しんでおります。

 

今回のイベントでは、ハーブティーと苗の販売をしました。ハーブティーに親しんでいただけるように試飲もしていただきました。ハーブティーは初めてという方やちびっ子にも興味をもっていただけて、楽しいひと時でした。

それから、奄美で収穫したハーブを初めて販売しました。これから、徐々にアイテムを増やして行きたいです。

 

前回、5月のイベントで苗を購入して下さった方に再会でき、成長具合をお聞きできたのもよかったです。ぜひ収穫して、どんどん活用していただきたいです。

 

次回のイベントも楽しみにしていて下さい。

0 コメント

2014年

7月

16日

7/19(土)Garden Festa 夏の蚤の市 @Calypso

今回、herbs'havenはハーブティーと苗の販売をさせていただきます。

ハーブティーは、アイスティーでも飲みやすい夏ブレンドを取り揃えています。

まずは、奄美で穫れたレモングラスをふんだんにつかった

・シンプルな「レモングラス&ステビア」

・herbs'haven 2014イヤーブレンド「mother」


昨年収穫した

・真っ赤な「ローゼル」

 

定番にひと味加えた

・こころとからだをクールダウンしてくれる「ルイボス&ラベンダー」

・元気が出る黄色が印象的な「ハーモナイズ harmonise」


*ガラス瓶などの容器持参の方には、10%offで量り売り致します。

0 コメント

2014年

5月

10日

5/21〜 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

身近なハーブが、こころと体の健康にどのように役立つのかを学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブを取り上げて、ハーブティーの試飲をしながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。

日時:毎月第3水曜日 14〜15時 

2013年5月21日(水) ローズヒップ

      6月18日(水) ペパーミント

      7月20日(水) ローゼル

      8月 (夏休み)

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

 

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳 →

 

参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー、お持ち帰りいただけるお試し用ハーブ込み)

 

お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は Facebook → 

0 コメント

2014年

5月

04日

5/3 ガーデンフェスタ 報告

5/3のガーデンフェスタは、晴天に恵まれ、たくさんの方に足を運んでいただきました。

ありがとうございました。

 

カリプソの新しいハーブガーデンは徐々に形になりつつあります。ハーブたちは、すぐ目の前に広がる海から心地よい風を受けすくすく育っています。ローズヒップやローズマリーなどの低木の他、ティーツリーやアボカドなども植えました。数年後が楽しみです。

grace lineからは、garden stoneのワークショップ。石だけでなく、ビーチで拾ったガラスにも子どもたちが夢中でお絵描きしていました。ハーブのサインボードにもいいですよと教えていただいたので、検討中です:-)


KONERUさんのおいしいパンの数々。卵、牛乳、バターは不使用のからだにやさしいパンです。この日のスペシャル・手づくりイチゴジャム、定番のオーガニックコーヒーなど、パンと合わせておいしくいただけるものも併せて販売していました。


Jacaranda cafeからは、アフリカのバスケットがたくさん!素敵なディスプレイ:-)ピクニックにも、お庭でも使えそうなものをいくつか購入しました。

 

Calypsoさんのスペシャルメニューは、KONERUさんのベーグルを使ったサーモンサンド、マスカルポーネとイチゴのクレープ。そして一押しはパイナップルとローズマリーサイダーでした!

 

次回は、7月の蚤の市に出店予定です。

ぜひ、又お会いしましょう!

0 コメント

2014年

4月

24日

5/3(土・祝) Garden Festa in 奄美

 

連休初日の土曜日に、青空の下Garden Festaを開きます。

 

会場は、herbs’havenの新しいお庭を作っている芦徳(龍郷・奄美)のカリプソさん。今回はこのようなラインナップで皆さんをお待ちしています。

 

・カリプソさんの新作ジュエリー。この日限定のハーブを使ったクレープ&軽食とハーブドリンク!

・Jacaranda cafeからは、カラフルなグルシィバスケット

・KONERUさんのカラダとココロにやさしい手づくりパン

・Grace lineでは、ガーデンストーンにお絵描きするGarden stone artの

ワークショップ

・herbshavenでは、ハーブ苗の販売。ハーバルバスのワークショップ

 

約20種のハーブ苗の販売を用意しています。併せてハーブの育て方、収穫やハーブ療法やお料理などの活用法の情報もお届けします。

ハーバルバスのワークショップでは、日焼けした肌のケアやクーラーによる冷え対策などにも役立つハーブもご紹介します。ご自分の好きなハーブを選んで、その場で20分程で出来上がります。

 

興味のある方はぜひお立ち寄りください!

ストーンアートのイベントはお子様にもお楽しみいただけます。ご家族揃ってどうぞ!

 

0 コメント

2014年

4月

11日

ホリスティックマガジン2014

日本ホリスティック医学協会の年度誌「ホリスティックマガジン2014」に寄稿させていただきました。

 

今年のテーマは「ナチュラル エイジング ~ホリスティックな視点で考える更年期のケア~ 」。

ハーブ療法を用いたケーススタディと更年期ケアに頻用されるハーブの使い分けをご紹介しています。

 

ぜひ、ご覧になって下さい。

0 コメント

2014年

1月

18日

3/10 herbs'haven in 銀座

*東京メトロ銀座駅B5出口より徒歩5分
*東京メトロ銀座駅B5出口より徒歩5分

herbs’haven in 銀座

 

英国ハーブ療法カウンセリングのご案内

 

いつもは奄美大島で行っている英国ハーブ療法カウンセリングを1日限りですが、東京・銀座で開催します。なかなか奄美大島まで足を運んでいただくことができない東京近郊にお住まいの方は、この機会をぜひご利用ください。

 

からだと心に働きかける植物療法を実践しています。英国ハーブ療法カウンセリングでは、初回には約1時間かけてじっくりカウンセリングを行います。体のバランスを見極めるために、現在の不調と併せて、体質、過去の体調、食事や運動のパターンなどについても伺います。そして、カウンセリングに基づきハーブを利用したヘルスケアを提案します。

 

イギリスから輸入した無農薬栽培されたハーブを使用しますので、からだへの負担がなく、安心してご使用いただけます。

 

*英国ハーブ療法カウンセリングは治療行為を目的としたものではありません。

*現在、 医師による治療を受けている方(医薬品を摂取している方)には、主治医の承諾を得てからハーブレメディを使用することをお勧めする場合があります。

 

料金: 初回(約1時間)6000円

2回目以降(約30分)4500円

 

*上記料金には、約3週間分のハーブレメディが含まれています。

*2回目以降は、Skypeや電話を使って継続して利用していただくことができます。

*乳幼児、学童、学生への割引がありますので、お問い合わせください。

 

日時:2014年3月10日(月)終了しました

営業時間:午前11時から午後8時(最終受付午後7時)

 

* キャンセルは24時間前までに知らせてください。24時間以内のキャンセルには、3.000円のキャンセル料をいただきます。

 

場所:『パナセア碧』

〒104-0061中央区銀座6-7-18 デイム銀座1003号室 

*東京メトロ銀座駅B5出口より徒歩5分

 

お問い合わせ:こちらから

3/10 herbs’haven in 銀座
配布用チラシです。印刷時にご利用ください。
銀座トリートメントのご案内.pdf
PDFファイル 152.9 KB
0 コメント

2014年

1月

04日

1/15〜ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

身近なハーブが、こころと体の健康にどのように役立つのかを学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブを取り上げて、ハーブティーの試飲をしながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。

 

日時:毎月第3水曜日 14〜15時 

 

2014年1月15日(水) カレンデュラ  

2月19日(水) ネトル   

3月19日(水) ローズマリー   

4月16日(水) レモンバーム

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

 

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳 


参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー、お持ち帰りいただけるお試し用ハーブ込み)

お申し込み:herbs’haven

0 コメント

2014年

1月

04日

2014年オリジナル・ブレンドティー「mother」

あけましておめでとうございます。

本年もハーブを通した多くの出会いを楽しみにしています。どうぞよろしくお願い致します。

 

今年から新しく始める試みですが、イヤーブレンドを販売します。

今までは「herbs'haven special」というオリジナルブレンドを除いては、ハーブ療法を意識して効能重視のブレンドを扱っていました。しかし、ギフトにも使えるハーブティーのご要望をいただいて、ハーブを知っていただくきっかけになればと思い、新しいブレンドを作ってみました。

 

herbs'havenのイヤーブレンドティー:2014年「mother」

ふと「mother」という言葉が浮かびました。

まず、「mother」から思い描いたのは、新しい命の誕生を待ち望んでいる女性たち、母となり子どもを慈しんでいる女性たち、女性のイメージが広がりました。

若い女性から、自分の母親の世代の友人や知人の顔が頭をよぎって、そのクオリティーを書き留めてみました。

'あたたかさ'や'やさしさ'、'包み込まれるような愛'。

 

そんなとき、イギリスの老婦人の話しを友人とする機会があり、'凛とした'女性のキャラクターも入れたいと思ったのです。日本でも、祖母の世代以前の女性は、いつまでもきりっとして美しい。

老いるのではなく、年を重ねているのです。

私のまわりにも、50年後はこんな風でいたいなと思う素敵な女性がいます。

 

また、庭仕事をしている時に、小さな種が大きくなり実を結ぶまでになる姿が重なり、自然の中の「mother」、mother earthが頭をよぎりました。

私たちは皆、女性も男性も、子どもも大人も、母なる大地に抱かれて生きています。

裸足で土の上を歩いたり、ビーチを駆けてみると、ちょっとした一体感を感じます。森に入ったり、川沿いを歩いている時の心地よさは、mother earthに包み込まれた安心感なのかも知れません。

 

そして、herbs'havenの「mother」は大地にしっかり根を下ろした凛とした女性のイメージになりました。その線は細くても、春の風にしなやかになびいて、夏の陽射しの木陰を作ってくれ、秋には豊かに実を結び、冬の厳しさの中にも凛としているような「mother」が出来上がりました。

 

このブレンドには、5種類のハーブが入っています。ステビアとジャーマンカモミールの一部(在庫の続く限り)、そしてレモングラスは奄美産です。昨年の夏は例年にない日照りが続きましたが、その中で元気に育ったハーブたちです。

 

5種類のハーブは、

大地のエネルギーの詰まった力強いラズベリーリーフ、

母なる優しさが香るジャーマンカモミール、

毅然として生命力溢れるステビア、

小さな命の始まりを告げるローズヒップ、そして

大地を駆け抜ける風を感じさせるレモングラス。

*妊娠中の服用は避けて下さい。

 

20g(約10杯):840円

 

*お求めは、herbs'havenまで。

*また、都内でも販売予定ですので、詳細が決まり次第お知らせ致します。

4 コメント

2013年

12月

20日

12/23 クリスマスマーケット in 奄美

奄美で大好きなショップが大集合するうれしいイベント!
私の楽しみは、レインボーカフェのグリーンカレー、コネルの手づくりパン、カリプソのアクセサリー。クリスマスにピッタリのギフトセットも販売されます。

 

herbs'havenでは、

①いつものオーダーメイドハーブティーをカウンセリング付き(おひとり10分程度)で販売します。体調や飲みやすい風味のことを相談されてもいいし、ギフトの相談も受け付けます。その他、ハーブの疑問を聞いてくださいね。(50g 2,000円)


②「クリスマスのハーバルスプレー作り」ワークショップをします。

クリスマスの物語で東方の博士が幼子イエスに贈ったミルラ(没薬)、フランキンセンス(乳香)をチンキ剤やアロマティックウォーターで用意しています。風邪の予防などに使えるスプレー剤を作ります。喉にシュッシュッして使うタイプのものです。いつでも立ち寄っていただいたら、20分程で完成します。(50ml 1,500円)

 

この機会にぜひハーブを試してみてください!

0 コメント

2013年

10月

01日

10/30〜第12期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」

2013年10月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第12期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

 

2008年秋に開講して5年に渡ってご提供してきた「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」でしたが、今期の募集が最後になるそうです。グリーンフラスコのサイトリニューアルに合わせて、中止されることととなりました(再開予定はあるそうですが、時期は不明だそうです...)。

 

この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、また宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。

 

こちらの講座はオンライン講座なので、ご自分のペースで、都合のつく時間に進めていただくことができます。月に2度、10例ずつのケーススタディが更新され、まずご自身で取り組んでいただき、次回解説をみながら理解を深めていただくというものです。10例のうち3例は課題として提出していただきます。

 

受講に際しての必須条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。初心者の方にも取り組みやすいように、今月からグリーンフラスコ オンラインスクールで、イントロダクションに当たる「はじめての英国ハーブ医学」(毎月開催)も別途、始まりました。また、本講座中にも、一部のケースには、段階的に学べるインディケーターをつけています。

 

身につけたハーブの知識をどのように応用すばいいか模索している方に向いています。

1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!

2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。

3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

 

*お問い合わせはグリーンフラスコまで

*2013年10月期は、モニター募集価格(通常の受講料から5万円割引)で受講できます。この機会お見逃しなく!

1 コメント

2013年

9月

02日

9/18〜 ワークショップ「ガーデンハーブで作る緑の薬箱」in 奄美

bee on borage
bee on borage

身近なハーブが、こころと体の健康にどのように役立つのかを学ぶワークショップです。毎回、1種類のハーブを取り上げて、ハーブティーの試飲をしながら、五感をフルに使ってハーブを楽しんでいただきます。

 

日時:毎月第3水曜日 14〜15時 

 

2013年9月18日(水) スイートフェンネル   

10月16日(水) エキナセア   

11月20日(水) エルダーフラワー   

12月18日(水) ジャーマンカモミール

*ハーブに関する基礎知識は必要ありません。また、1回のみの参加も歓迎です。

 

場所:Calypso(カリプソ)in 芦徳 


参加費:おひとり 2,000円(ハーブティー、お持ち帰りいただけるお試し用ハーブ込み)

お申し込み:herbshaven@gmail.com 又は Facebook →☆

0 コメント

2013年

8月

20日

10/1〜グリーンフラスコオンラインスクール「はじめての英国ハーブ医学」開講」

teatree
teatree

2013年春、東京で行なった「はじめての英国ハーブ医学」講座はおかげさまでご好評をいただいて、グリーンフラスコオンラインスクールに登場することになりました。

 

全2回、毎月開講という気軽に受講していただけるカリキュラムにまとめています。英国流のいくつか特徴をを学びながら、実際の活用方法をケーススタディを通して確認するスタイルを取っています。少し聞き慣れないハーブやレメディ(製剤)が出てくるかもしれませんが、使い分けの基礎を身につけてください。そして、実践してみるという次のステップにつなげてください。


以前、グリーンフラスコで開催した「はじめての英国ハーブ医学」講座には、ハーブ療法にはあまり馴染みはないけれど、日頃ハーブティーを飲んだり、ハーブをお料理に活用したり、ガーデニングを楽しんでいるという方々がいらして下さいました。


この講座でも、ハーブ療法は初めてという方を対象に、英国流のアプローチをわかりやすく解説していきます。また、グリーンフラスコ・オンラインスクールで行っている「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」の受講を検討中の方にもおすすめです!

 

*聞き慣れないハーブやハーブレメディについては、写真を多く入れてご紹介しています。

*ハーブレメディに関しては使い分けや応用の仕方を中心に説明していて、定義や作り方は含まれませんのでご了承ください。

 

第1回は10月1日開講。詳細は、グリーンフラスコへ→

0 コメント

2013年

4月

03日

4/30〜第11期グリーンフラスコオンラインスクール「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」

1013年4月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第11期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

 

対象は、主に中級(日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト取得者がが目安)〜上級者の方ですが、メディカルハーブの基礎を学んだ初心者の方にも取り組みやすいように、一部に段階的に学べるインディケーターをつけました。


この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、日本では考えられないくらい乱れた食生活を送っている方が登場することもあります。また、宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります(ハーブの用法については必要に応じて解説を入れています)。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。受講に際しての必要条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。身につけたハーブの知識をヘルスケアのツールとして深めたい方、どのように応用していけばいいか模索している方などに向いています。

 

1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!

2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。

3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。ご自分で作ったブレンド/レシピはご自分で実際に試してみて、香りや味、体や心への作用を実感してください。自分の五感にどう響くかも大切な情報です。知識として学んだ成分や作用などを再確認できるだけでなく、使用感を知っていることもハーブ療法を継続して行うためには重要です。

 

*お問い合わせはグリーンフラスコまで
*今なら、モニター募集で通常の受講料から5万円割引になります。定員になり次第閉め切るようなので、ご検討中の方は早めにお申し込みください。詳細はこちら→

0 コメント

2013年

3月

06日

3/17 自由が丘「はじめての英国ハーブ医学」セミナー

今回は入門編セミナーをご用意しました。「はじめての英国ハーブ医学」セミナーは、英国ではハーブをメディカルなものとしてどんな症状の時にどんな風に応用しているかというようなお話をします。

ケーススタディを使いながら、実際のメディカルハーバリストによる診察を想定して、ハーブや剤型などの処方決定、ハーブレメディ(製剤)の作成の順を追って解説します。その中で、日本では聞き慣れない・使い慣れない英国ハーブやハーブレメディについては、サンプルを試しながら理解を深めていただきます。

但し、チンキ剤や軟膏の定義や作り方は含まれませんのでご了承ください。

英国ハーブ医学に興味をお持ちの方、また、グリーンフラスコ・オンラインスクールで行っている「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」の受講を検討中の方にもおすすめです!

日時:2012年3月17日(日)15:00~17:00 終了しました

会場:グリーンフラスコ バロンホール(自由が丘駅より徒歩5分)

講師:石丸沙織(グリーンフラスコ研究所、薬剤師・英国メディカルハーバリスト)

受講料:一般 5,250円/GOS生 4,700円
詳細→グリーンフラスコ

0 コメント

2012年

11月

06日

MIL連載back number「ハーブよもやまばなし」

2009年〜2010年にかけて、薬学生・薬剤師向けの雑誌「MIL」に連載していた「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーがオンラインで閲覧可能になりました。

「時と場所が変われば、常識が違うのは植物療法の世界でも同じ。洋の東西を問わず、世界の植物療法について考えます。」と唱い、ガーナ、フランス、カナダ、シンガポール、台湾、イギリスの植物療法の体験について書いています。

旅行に行くと、いつも地元のハーブショップやハーバリスト(植物療法家)を訪ねています。この他にもインドネシア(バリ島)やアメリカ、イタリア(フィレンチェ)、チェコ共和国、香港、アイルランド、中国 (北京)などでもハーバリストを訪ねています。

今後訪ねてみたいのは、国内ではアイヌや沖縄、アーユルヴェーダの盛んなインドやスリランカ、フィンランドやスウェーデンなど北欧、ギリシャなど地中海沿岸地域です。植生も違えば、文化も風習も違いますが、意外な共通点があることも多く、毎回新たな発見でいっぱいです。

「ハーブよもやまばなし」のバックナンバーはこちら→
MIL(ファイスブック)→

0 コメント

2012年

10月

20日

autumn 2012 new catalogue

2012年秋の新しいカタログ(日本語版)が出来ました!ご興味のある方は、カタログをご請求ください。herbshaven@gmail.comまで。

our new catalogue autumn 2012 (japanese) is ready! please leave a message here or give us an email on herbshaven@gmail.com.

 

herbs'havenでは、年間をとおして50〜70種のメディカルハーブを栽培・販売しています。英国ハーブ療法でよく用いられるが、日本ではなかなか手に入らないハーブも多数取り扱っています。

奄美大島で栽培・加工したものの他、気候の関係で栽培が困難なハーブ(リンデン、エルダー、ラベンダーなど)に関しては、海外より輸入しています。また、オーガニックの認証をとっているものは一部ですが、すべてのハーブは無農薬栽培されています。

ドライハーブの他、苗も取り揃えていますので、お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

0 コメント

2012年

10月

19日

10/30〜 第10期「英国ハーブ医学ケーススタディ100講座」開講

1012年10月開講のグリーンフラスコ・オンラインスクール 第10期英国ハーブ医学ケーススタディ100講座のご案内です。

 

*次回、第11期は4/30に開講予定です。お問い合わせはグリーンフラスコまで

対象は、主に中級(日本メディカルハーブ協会認定ハーバルセラピスト取得者がが目安)〜上級者の方ですが、メディカルハーブの基礎を学んだ初心者の方にも取り組みやすいように、一部に段階的に学べるインディケーターをつけました。

この講座で取り挙げるケース(症例)は、私自身が英国で実際に臨床実習中に診察を担当した患者さんのケースに基づいています。そのため、日本では馴染みのないハーブが取り上げられたり、日本では考えられないくらい乱れた食生活を送っている方が登場することもあります。また、宗教や民族という背景によるライフスタイルの違いというギャップもあります(ハーブの用法については必要に応じて解説を入れています)。そんなところも合わせて、英国ハーブ医学を垣間みたいという方にお薦めです。

受講に際しての必要条件はありませんが、ハーブについての基礎知識をお持ちの方が対象です。身につけたハーブの知識をヘルスケアのツールとして深めたい方、どのように応用していけばいいか模索している方などに向いています。
1)キーワードでハーブを選んでしまう方→ホリスティックな視点でハーブを選択する練習には、ケーススタディ形式が最適です!
2)どんなハーブをブレンド/併用すれば良いのかわからない方→ハーブのブレンドは10人いれば10通りあるものです。まずはご自身で課題に取り組み、後で更新される回答例を参考に学ぶことができます。
3)ハーブをあまり使ったことがない方→ブレンド/レシピ作成を繰り返しすることで、内服・外用でのバリエーションが増えてきます。

ご自分で作ったブレンド/レシピはご自分で実際に試してみて、香りや味、体や心への作用を実感してください。自分の五感にどう響くかも大切な情報です。知識として学んだ成分や作用などを再確認できるだけでなく、使用感を知っていることもハーブ療法を継続して行うためには重要です。

*お問い合わせはグリーンフラスコまで

0 コメント

2012年

10月

07日

ソトコト11月号 Nov Sotokoto

ソトコト11月号(10月5日(金)発売)の旅乃声に「ONとOFF 香港薬草生活。」というタイトルで、香港での日常生活の体験を薬草と絡めて書いています。

「香港と薬草」というテーマをいただいた時点で、アイデアが溢れてきて、伝えたいことはたくさんありました。最終的には、大学院の卒論で扱った「伝統」医療と「現代」医療介入というテーマを頭の片隅に置きつつ、古き良き「伝統」と「現代」の生活スタイルの上手い共存について書くことにしました。ONとOFFを使ってそれが表現できているとよいのですが。

今月号の特集「スモール・ミュージアムガイド」というのも気になります。私も個人の秘蔵コレクションが楽しめる小さな博物館(ミュージアム)巡りは大好きです。旅行に行く度に、路地を入っていたようなところにあるとっておきの博物館をを楽しんでいます。

ソトコト、ぜひ読んでみて下さい。

0 コメント
book「フィンランド発 ヘンリエッタの実践ハーブ療法」

2017年9月25発売開始。只今、予約注文を受け付けています。
*詳細はこちら

¥3,510
Add to Cart
  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日
10周年記念 オリジナル ハーブ手ぬぐい

全2色(日本製)

*詳細はこちら

¥1,500
Add to Cart
  • 在庫あり
  • お届け日数:3~5日